転職 面接 怖い

転職の面接は怖いについて

転職,面接,怖い

最近では多くの人が、自らのキャリアを高めたり、より高い給与を得るために転職を行っていると言われています。特に最近はインターネット通信技術の発達により、インターネットや携帯電話であるスマートフォンの普及により、そうした情報通信機器を通じて情報を入手することが可能になりました。これまで転職といえば、ハローワークなどの公共職業安定所にこちらが訪問して、そこで情報を入手することが主流でしたが、さいきんではそうしたインターネットスマートフォンを通じて情報の入手が可能になっています。新たに職をかえる場合は、その希望する会社で面接や筆記試験などの試験を受けて、合格しなければなりません。転職試験の際に行われる面接は、大学や高等学校を卒業するときに受験する新規採用試験とはその雰囲気や内容が大きく異なるといわれています。そのため、受験者の中にはそうした試験に対して怖いと思っている人もいます。そのため、必要以上に萎縮してしまう受験者もいますが、こうした場合はその面接で聞かれるポイントをあらかじめ絞っておくことが重要といえます。例えば、その会社で前職の経験をいかしてどのような仕事やプロジェクトをしたいかなどです。 フリーターは必見!→ フリーター 就職まとめ

転職の面接では第一印象が大切です

転職,面接,怖い

転職の面接で大切なのは、何よりも第一印象です。面接は担当者との短い時間の話の中で、自分が相手の会社に対してどのような思いを持っているのか、また何故この会社で働きたいのかを最大限伝えるとともに、担当者に対してこの人を採用すると会社にとって有益になるということを思わせないといけないものです。 しかし、非常に短い時間の中ですので、すべての思いを伝えることはなかなか難しく、またあまり話が長かったり、くどかったりすると逆に悪い印象を与えかねません。その為、第一印象を良くすることで、この人なら一緒に働いてみたい、仕事をお願いしてみたいという気持ちにさせることが非常に重要です。 転職というイメージの中には、前の会社を辞めたという意味が含まれており、ともすると新しい会社も意に添わないと辞めてしまうのではないかという印象を持たれる可能性もあります。そのイメージを払しょくするためには、まずはこの会社の面接を受けることができてうれしいという表情や態度で担当者と向き合うことが大切です。そうすることで本人に対する担当者の転職というネガティブなイメージを消すことができ、この会社で仕事をするために前の会社を辞めたというように思わせる努力をしましょう。 フリーターは必見!→フリーターから正社員を目指す方法

このページの先頭へ戻る