転職における面接でミスと合格を分けるポイント

理想の転職を行うためには、面接でミスをしないことが大切です。
転職先によっては面接を重視するところもあり、そうした場合には特に重要な課題となってきます。
では、面接で合格点を得るためにはどうすればいいのでしょうか?
それは次のようなポイントを抑えて臨むことです。
例えば、身なりをきちんと整えておくことです。
これには、服装、靴部、髪型、表情なども含みますが、全体に清潔感のある印象を与えられるようにしておくことです。
また、事前に準備しておくべきこともあります。
例えば、企業研究を十分に行っておくこと、関連する業界の事情や動向を探っておくことなどです。
そしてマナーについても確認しておきましょう。
ドアのノックの回数は3回が一般的であること、お辞儀の角度は挨拶の時は30度、最後の御礼では45度が基本であることを覚えておきましょう。
なお、志望動機について聞かれた際は、積極的にその会社の長所を挙げることができますが、前いた会社を酷評するような言い方は避けるべきです。
また、分からないことについて知ったかぶりをすることも印象を悪くします。
こうしたポイントを踏まえて、本番に向けたしっかりとした準備をしておくことができます。


このページの先頭へ戻る