転職の際の面接では立ち位置がポイントになる

転職における面接で注意しなければならないポイントはいくつもあります。
そのうちの一つが、担当官に立ち位置です。
このポイントを抑えておくことはとても重要です。
なぜなら、担当官の立ち位置によって、相手からこちらの見える範囲が違ってくるからです。
自分では大丈夫と高をくくってる範囲でも、相手から実はしっかり見えてることもあり、それに気づかないままでいることもあります。
そうしたことを想定して、担当官の立つ位置についても考慮しておく必要があります。
また、どんな状況でも対応できるように、どこから自分を見られても恥ずかしくない状態に整えておくことができます。
服装や身なりはもちろんですが、マナーの仕方居ずまいなど、どの角度から見ても完ぺきだと思わせるように備えておくのです。
そうすれば、担当官がどこにいても問題がありません。
さて、転職における面接で注意しなければならないのは目に見える事柄だけではありません。
質問されることに対して、きちんとした受け答えができなければなりません。
こうした場面で注意したいのは、積極的に自分をアピールするために発言するのはいいとしても、聞かれていないことまで余分にしゃべってしまうことです。
こういう対応はかえって印象を悪くしてしまうので注意しましょう。


このページの先頭へ戻る